くすみ化粧品口コミランキング

血行不良で起こる肌のくすみ

 

 

肌に目立ったトラブルがなくても、黒ずみや黄色みが目だってしまう症状が、いわゆる肌のくすみというものです。このくすみがあるがために、顔が暗く見えたり、なんとなく老けた印象を与えてしまうんですよね。このくすみ、実は顔の血行不良によって起こる代表的な肌トラブルと言われていて、肌の問題ではなく肌の内側の血行の問題なんです。

 

その仕組みとしては、血流の低下によって肌の赤みが減少すると、相対的に黄色みや黒ずみが目立って見えるようになってしまうとのことです。また、血流の低下に伴って皮膚の新陳代謝が悪くなってしまっているので、結果として角質が厚くなり、メラニン色素も沈着して肌の透明感が失われてしまいます。

 

また、目の下のくまも血行不良が原因の一つだと考えられています。血行不良は睡眠不足や疲労によって起こるのですが、すると静脈が目立ち、特に目の周りの皮膚は周囲と比べて薄いため、他の部分よりもその影響がはっきりと出てしまいます。鬱血した静脈血は、青紫色のように外からは見えるので、薄い皮膚の上からくまとなって見えるのです。

 

上記の肌のくすみや目の下のくまは、それだけで見た目年齢が上がってしまうので、なんとかしたいものですよね。これらを解決するためには、体やお肌の仕組みを知らなければなりません。私たちの体の中では、血液が毛細血管を流れる間に、酸素や栄養素など必要な物質を細胞へ送り出し、反対に細胞から二酸化炭素や老廃物を血液に戻すという物質交換を行っています。

 

このとき、動脈ではお肌に与えるべき栄養素を運んでくれ、静脈やリンパ管では新陳代謝のために出た老廃物を運んでくれています。ですから、この血液の流れが滞ってしまったなら、細胞が生きるために必要な栄養や酸素を十分に得ることができません。

 

その結果として、肌の新陳代謝であるターンオーバーの進行が遅れてしまいます。ターンオーバーの乱れはあらゆる肌トラブルの原因となってしまうので何としても防ぎたいところです。たとえどんなに優れた化粧品・美容品を用いても、その栄養が細胞にまで行き届かなければその効果も発揮できません。

 

きれいな肌細胞が再生されてこそ、お肌はハリやツヤを取り戻すのです。老廃物などの組織液はリンパ液となって流れていきますが、血行が良くないとこのリンパ液の流れも滞ってしまいがちです。ですから、くすみやくまを取り除くためには、血行とリンパの流れを良くすること最善の方法です。

 

血行不良は血管を収縮させる交感神経を優位にさせてしまう、疲労、ストレス、寝不足、冷え、そして喫煙や栄養不良等によって引き起こされます。交換神経が優位になると、いわゆる緊張状態、気の張った状態が続き、リラックスできなくなっています。

 

リラックスできるように、深呼吸をしたり気晴らしなどをして、交感神経よりも副交感神経が優位になるような状況を意識的に作り出して、血行不良にならないようにしましょう。また、血行不良を解決しようとして、刺激の強いマッサージを行なう方も多いみたいですが、これはあまりいい方法ではありません。

 

マッサージは確かに血行を促進させるのですが、強い刺激や摩擦は肌を傷めてしまい、結果、シワやシミの原因となります。良い方法は、お風呂で体を温めたり、運動をして全身の血行を促進させる方法です。くすみやくまといった症状は、治療を美容クリニックで行っているところも多いので、利用してみるのも良いでしょう。

 

特にレーザー治療は、肌の表面にダメージを与えずに代謝や血行を促進させるため、その他の様々な肌トラブルも一緒に解消できたり、高い効果が期待できます。レーザー治療は繊維芽細胞に働きかけてコラーゲンの産生を促す作用もありますので、目の下のたるみの改善など、いろんな効果があります。

 

血行不良は顔だけで起きているものでは当然ありませんので、全身の不調をもたらしたり、万病の原因となります。いつも健康的な食生活と適度な運動、規則正しい生活を心がけ、血行を促進させる栄養素であるビタミンEや鉄分も積極的に摂取しながら、健康で美しい素肌を日々作りましょう。

 

メラニン色素とターンオーバー

 

お肌のくすみなどの問題は、おおよそ紫外線から現れます。やはりメラニン色素の生成が紫外線のお肌への作用で一番気になりますね。メラニン色素には紫外線からお肌を守るという大切な役目があるため、全くできないようにするということはできないのですが、何でもほどほどにしたいところです。

 

メラニン色素は、メラノサイトから放出されて表皮細胞に入り込みますが、お肌に入ってきた紫外線を吸収する仕事をします。それによって紫外線による炎症を防ぎ、細胞をダメージから守ります。白人に比べて、皮膚の色が濃い黄色人種や黒人のほうが皮膚ガンになるリスクは少ないそうなのですが、このメラニン色素の働きがあってこそです。

 

ですが、メラニン色素のせいでできるシミやくすみが出てしまうというデメリットも存在しています。年を取るごとにシミやくすみは表出化するので、美しいお肌を保ちたい女性にとっては困るです。このメラニン色素はどうしてシミの原因になってしまうのでしょうか。

 

普通、紫外線を浴びる量が少なくなればメラニン色素の生成もゆるやかになり、メラニン色素入りの表皮細胞がターンオーバーによってはがれ落ちれば、お肌は日焼け前とほぼ同じ程度の白さを取り戻します。しかしながら、その生成と排出のバランスが崩れると、シミができてしまいます。これがシミの原因です。

 

では、そのバランスがどうして崩れるのでしょうか?紫外線の浴びすぎると、メラニンの生成が過剰になってしまい、一部のメラノサイトが暴走してメラニン色素生成が止まらなくなることがあります。大人であれば、生きている時間が子供よりも長いので、より多くの紫外線を浴び、蓄積されています。

 

顔や手など衣類に覆われていない部分は特に日焼けしやすく、屋外スポーツや外での遊び、または戸外で働く職業などで外にいることが多い方は特にそうです。また、紫外線には特に関係ない皮膚の炎症が長く続いたり頻繁に起こるなら、それもやはりメラノサイト暴走の一因になります。

 

こうしたことは植物や化学物質による刺激が原因になりやすいのです。こうした原因によるターンオーバーの乱れは、メラニン色素が肌に沈着してシミを作る元になってしまいます。新陳代謝が活発な若いうちは、ターンオーバーのサイクルに伴って余分なメラニン色素を一掃することも可能です。

 

しかし、年を取ってターンオーバーが乱れてくると、余分なメラニン色素を含む細胞はなかなか剥がれ落ちません。それで年齢が上がるとシミが増えてしまいます。ですから、若い頃と比較して、より「紫外線を浴びない」「ターンオーバーを整える」努力が重要になってきます。

 

それから、ストレスもメラニンの排出を妨げてしまいます。メラニン色素の排出ルートには、メラニン色素が真皮に落ちてマクロファージに食べられて無くなるというものもあるのです。この方法では、落ちてくるメラニン色素があまりに多かったり、皮膚の免疫力が落ちてマクロファージの活動が弱まったりした際には処理が追いつかず、メラニン色素が残ってしまいます。

 

このようにして落されずに真皮に居座ったメラニン色素は「担色細胞」と呼ばれるのですが、これも表皮から透けるとシミのように見えます。ですから、免疫を弱める大きな原因となっているストレスは、シミも悪化させてしまう可能性があります。ストレス対策と美容は切っても切れない関係であることがわかりますね。。

 

くすみと保湿の深い関係

 

肌の明るさを暗く見せてしまうくすみはどんな女性にも気になるもの。そんなくすみと深い関係があるのが、日々の保湿です。実は、保湿は、くすみのケアや防止にとても重要なポイントなんです。

 

というのも、くすみの原因には、角質が厚くなる角質肥厚や、乾燥、血行不良、老化など様々なのですが、この保湿はどの原因においても重要な対策方法なのです。例を挙げますと、角質肥厚の場合なら、肌のターンオーバーの乱れから角質が分厚くなってしまっています。

 

保湿はこの角質がきちんとしたタイミングで剥がれるようにするためのターンオーバーの改善を促します。もちろん、乾燥に由来するくすみの場合も保湿が効果ありです。乾燥は様々な肌トラブルの原因になる美容の大敵ですが、それを未然に防ぐ意味でも保湿をしっかりしておくことが重要になります。

 

くすみを防ぐには保湿がとても重要というのはどれだけ繰り返しても足りませんが、特に一日の始まり、朝の保湿は最も重要視するべき保湿のタイミングです。仮に朝の保湿を疎かにして、ファンデーションなどを塗ってしまうと、化粧のノリが悪い状態になったり、きれいにメイクできた状態が長続きせず、化粧崩れが早くなってしまいます。

 

化粧崩れが早くなるということは、紫外線対策などにも負の影響が生じ、崩れた部分へ紫外線が届いて紫外線による別の種類のくすみや他の肌トラブルを引き起こしてしまいます。それから、化粧崩れが目立たなかったとしても、時間が経ち夕方が近づくと何となく肌がくすんでくるような感じになってしまうのです。

 

ですから、朝の保湿は、一日の美しさを左右する、もとても重要なタイミングなのです。朝は誰しも忙しいと思うのですが、なるべく保湿の時間をとるようにすることが望ましいです。ベストは、朝の洗顔のあと、化粧水で肌を整えたら、シートマスクでしっかりと保湿してあげることです。

 

シートマスクは吸着性のよいものであれば、着用したままでも他のことをすることができますから、少しくらい高くなっても、美しさと時間を両方買うと思って良いものを選びましょう。シートマスクが難しいなら、保湿成分のセラミドの入った美容液・クリームなどを使用すると○です。セラミドは、肌の水分をしっかりと閉じ込めてくれる効果があります。

 

単に化粧水や乳液などで保湿をしても、そのままではすぐに蒸発してしまい、乾燥を引き起こしてしまう場合もありますが、セラミドが配合された美容液やクリームを使用することによって、水分が逃げないように守ってくれるのです。

 

最初に潤いがキープできさえすれば、その上に重ねたメイクが崩れる心配も少なくなります。忙しい朝の時間だとは思いますが、できるだけ保湿に時間をさいて、一日をキレイに保つことができるように頑張ってみましょう。
参考:くすみ改善化粧品といえば?おすすめはこれ

 

血管の老化を防ぐ水素水について

 

通常、飲食で摂ったプリン体は体内で分解されて尿酸になります。この尿酸が過剰に体内にある状態になると、血液中で結晶となり関節などに溜まっていきます。尿酸の結晶を異物とみなした白血球の免疫細胞がこれを攻撃するために、炎症となり激痛が起こるのが痛風です。

 

炎症により発生する活性酸素はますます細胞を破壊し、サイトカインの連鎖が起こると炎症を広めてしまうのです。
痛風は炎症性の関節炎ですが、免疫の異常による自己免疫疾患だとも言われています。水素水は炎症により発生する活性酸素を抗酸化効果で鎮め、激痛をやわらげる事ができます。

 

また毎日飲むことによって尿酸が結晶になる前に尿で排泄し、痛風の予防にも役立つのです。もう1つプリン体が体に及ぼす悪影響に血管の老化があり、プリン体は分解されると尿酸と共に活性酸素を生み出します。血管に発生した活性酸素は血管の細胞を傷つけることで老化を進行させ、動脈硬化を引き起こします。

 

また尿酸の結晶も細胞を傷つけるので、炎症を起こし動脈硬化の進行を促進させてしまうのです。動脈硬化を引き起こす仕組みについては、高コレステロール血症だけでなく、この高尿酸血症も原因の1つなのです。

 

中性脂肪やコレステロールが基準値であっても、この尿酸が高ければ血管が老化している可能性が高く、動脈硬化になる危険性が高まるのです。

 

水素水に含まれている水素は、優れた抗酸化作用でプリン体の尿酸への分解で出る活性酸素の発生を食い止めて、血管の老化を防ぎます。

 

また水素水を毎日飲むことによって利尿を促し、尿酸が溜まってしまうのを防ぐ事にもなるので、痛風や動脈硬化の発症を防ぐ効果があるのです。

 

尿酸というものが血管にどんな悪影響を及ぼすかお分かり頂けたと思います。水素水はその尿酸が溜まってしまうのを防ぐ事ができ、更には動脈硬化防止にも役立つ事を考えると、日常生活に水素水を取り入れ健康な毎日を心がけていきたいですね。

 

参考にどうぞ>>>水素サプリランキング

更新情報・お知らせ

(2016/02/12)
レーシックの成功体験談を更新しました
(2015/12/04)
押切もえさんが実践しているダイエット法を更新しました
(2015/12/04)
引越しの際に必要な郵便局に関する手続きを更新しました
(2015/12/04)
わきがのセルフチェックポイントを更新しました
(2015/10/27)
冬のくすみの原因は乾燥と冷えを更新しました